守谷市予防接種情報提供サービス

平成30年30週~腸管出血性大腸菌感染症、ヘルパンギーナ~

【今週の動向】平成30年・30週(7月23日~7月29日)

・腸管出血性大腸菌感染症の報告が1件ありました。
・ヘルパンギーナの1定点当たり報告数は2.80となり,増加傾向が続いています(先週2.65)。

【茨城県感染症情報センターより参照】
(平成30年8月2日更新)

≪戻る